無題

熱が出る前に「風邪だ」と気づけるようになったのはいつ頃だろう。それは大人の証の一つであると思う。今年の目標の一つに「自分の体調と自分の機嫌は自分で管理する」を含めた。「毎日ブログを少しでも書く」という目標も立てた。立てただけだ。気持ちの問題だからいいのだ。

業務はてんてこ舞いで毎日〆切がある状態。少し前は、空き時間憂鬱になりたくなくて音楽でかき消していたけれど、ぼうっと考える時間が少なくなってしまうと気づいてやめた。少しずつ良い兆しがある。毎日決まった時間に目がさめるようになった。朝少しだけばたばたしなくなった。夜お風呂に入る回数が増えた。

ここ数ヶ月は体がファミリーマートとローソンで出来ているかと思うほどクソみたいな食生活だった。飽きた。高山なおみ氏の煮卵のレシピ、今日は初めて失敗。

 

映画「勝手にふるえてろ」とても良かった。内気な学生だった人々の誰もが持ちえてそうな記憶感覚 肩掛けカバン 孤独 「他人に這いつくばってゴミを拾わせてんだよ異常だよ」「処女だから好きになるって何気持ち悪い」 「億動かしてるからサ」ってちょっと格好つけちゃう男の子 「先生、自分の手柄にしないで」イメージでは街を歩いている時も泣いているけれど現実はドアを閉めてから喉が熱く詰まった本気で泣く声松岡茉優美しい涙

綿矢りさ 実は小学生の時に読んだだけで覚えていない それ以降「はいはい蹴りたい蹴りたい」って思ってたもんな わるいことしたな もう絶対読む 

 

622文字