無題

彼の住む部屋が決まった。彼の送別会の計画をした。ぷんぷん怒りながら契約に着いて行ったり、気が利く社員を演じて幹事をしてくれる後輩に指南をしたりしている。

 

千葉って。

先輩との面談時に「遠距離恋愛になるんだよね?」とひそひそと聞かれる。口に出さないでくれ。遠距離恋愛。近所500Mの距離の恋愛が続かなかったわたしが遠距離恋愛って。「だから今夜だけは 君を抱いていたい/明日の今頃は 僕は汽車の中」をこれから体現できるようになる。本当に笑っちゃうな。

 

連休を取る手配をしたので部屋に遊びに行く。そのために小型スーツケースを実家から持ってきたのだけれど、A子さんの恋人第4巻を読んだために使いたくなくなってきた。

A子さんの恋人 4巻 (ハルタコミックス)

A子さんの恋人 4巻 (ハルタコミックス)

 

登場人物一人一人に、ぐっと一歩近づいたような巻だった。読んだ後は落ち込むので注意が必要。

 

ただこの4日間をとてもとても楽しみにしていて、彼の友人が働かれている(ナイフをキコキコするタイプの)フランス料理屋に行ったり部屋着のままコンビニに酒を買い足しに行ったり彼が料理する様子を眺めたり もうそんなことを考えるだけでうきうきする。どうする?このままディズニーランド行っちゃう?みたいなことも言っていたのだけれど千葉なんてもうそれに行ったらおしまいでしょ、という暴言で締めくくられている。

 

うきうきしている合間にわたしがデザインをあげたWebサイトがリリースしているのでぜひご覧ください。おそ松さんの二期をたのしみに生きてきました。

 

「猫犬鳥、何を飼おうかな」と言うから「なんでもいいけどメスだけは嫉妬に狂うからやめて」と言っておいた。

 

 

754文字