2017/07/22

2017/06/25

なんとなく選んだご飯が、ちょっとの手間でとてもおいしくなれるものだったので、その場でレシピを母に送る。それをのっそりした目で眺めてくる。刃物は奮発した方がいいよね、柳宗理のボウルはもう少し我慢しようね、カリモクのソファはいつ買うかという話をしてから、なぜこの人と買い物に来てこんなにたのしいのにこの人と暮らさないことを選択したんだっけ?とふと思ったりする。7,600円のくずかご、1,980円のベッドシーツ。

「君の、自分でじっくりじっくり考えてそれを自分だけの力で叶えていくところをとても尊敬しているし、そうやって自分の人生を決めていくことをやめてほしくはないけれど、どんな気持ちでそうしているのかこれからどうしていくのかわたしに関わる(と信じている)部分について話してもらえないと不安になる」。仰向けに寝っ転がりながら最近思っていたことを責めるように言い募ると、ぼそぼそと答えてくれる。ぼそぼそ、ぼそぼそ。告白してくれたときも思ったけどこの人話長いな。文末だけ掻い摘んで自分の中で要約する。わたし、ものすごいことを言われていないか。約束であり魔法であり呪いであり夢であり現実であり二人だった。ああ、こんな場所で(本当にね)、こんな責めるような口調で聞くべきでなかったかもしれない、きっとおそらく多分、彼は彼なりにきっといろいろ考えてくれていたのだろうに。

 

2017/07/15

 彼から痛いメッセージをもらった夜、一人で泣いた。その日は同居人も帰ってこない日だったので、本当に本当に、人生で初めて、一人の夜だった。壁の向こうに階下に家族が誰かしらいる、そんなことが23年間当たり前だったから、JPOPの歌詞によくある一人の夜って、なんじゃそらと思っていたのだ。

 

2017/07/22

いろんな気持ちがすり減ってしまって、今はぐったりしながら食べ終わったごはんのお皿に背を向けてこれを打っている。べつに悲しくはない、と思っている。

 

 

837文字