2017/02/04

あ、説教だな〜〜と思った。姉が珍しく、わたしの目を見て座り直して話し始めた。気が強くしっかり者の姉と、ぼさっとしている妹だったので、よく怒られ叱られたし、それを極度に恐れていたから、その兆しがあるとなんとなく察する。

日々を繋ぎとめ家族内をうまく回しているのは専業主婦の母で、祖母・父は鈍く、わたし・姉は自由気ままに我が物顔で過ごしている。我々五人家族は、日々の中で思いやりを持って過ごすというところからは遠い。しかし一度事が起これば、一番頼りになり一番気を回して一番考え一番発言をするのは姉なのだった。

実際には説教ではなかった。いつものハキハキとした、他人が聞いたら怒っているように聞こえるであろう言葉尻で、わたしのことを、心配していた。心配してくれていた。聞きながら泣いてしまった。

「自分でも、自分は他人を簡単に信じていたんだと気づかされてびっくりした。用心深い慎重なタイプだと思っていた。それに、他人が、他人であるからして全く考えることが違うことにびっくりした。うちの人はみんなみんな、お人好しで人がよく、世間知らずで、騙そうとか得をしようとかズルをしようとか考えられないから、騙そうとか得をしようとかズルをしようとか思っている人の発想なんて気づきもしなくて、それでまんまと損をする。」

分かってほしくて泣いたわけじゃない。分かり合えなくて泣いたわけじゃない。うまく説明できなくて泣いたわけじゃない。怒られたと思って泣いたわけじゃない。嬉しくて泣いたわけじゃない。多分多分多分。なんだかわからないけれど涙が出て二人で大泣きしてしまった。

彼女にこんなことを言わせた男をひっぱたいてぐずぐずに煮込んでやりたい。彼女が泣く泣く我慢し、諦め、新たに取りたくない相撲を余儀なくされたあの日々、わたしは彼女が前進したくて前進しているものだと信じていたのだ。全く滑稽である。

 

話をしよう。恋人の良いところ、わたしが良いと思っているところ、その日してくれた親切なこと、彼が今いかに頑張っているか、わたしがいかに大事にされ、愛され、気遣われ、思いやってもらっているか。話をしよう。見当違いな心配を減らし、見当が当たっている心配をしてもらおう。

姉。気が強くて横暴ですぐ怒ってうるさくて自分勝手でうざくて、真面目で信念を持ち論理的で他人のことを思いやるあまり強情で心配性で用意周到で寝てる時も口の端がキュッと真一文字に結んでいて写真で笑うのが下手くそな姉。わたしは君の兄弟であることが嬉しい。

 

 

1041文字