読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/28

2017/01/02

彼の背中を撫でて驚いた。ブラジャーの線がない。わたしはあまりにも男性という生き物から遠ざかっていたらしい。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

2016/?

彼は双子。幼い頃の話などを話してくれると、「僕らはここの幼稚園に通っていて」と自然と一人称が「僕ら」になる。彼の双子の弟には会ったことがないので、些細な会話の端に双子の要素を見つけると、ついニヤニヤしてしまう。

 

2016/12/?

機会として発言しておきたいけれど、発言すべき事柄が見つからないのでひたすら黙っていることが続く。中学校の授業みたい。罪悪感とつまらなさと焦燥感。どっと疲れる。大学では、話を聞いているだけで頭の裏でリンクがバチバチ走って言いたいことが溢れてきた。挙げられる話題に近いことを日々インプットしてきたからかな。こまった。こまっている。わたしはどうしてここにいるんだろう。

 

2017/01/28

一日が24時間で一週間が7日、一ヶ月が30日か31日で一年が365日。全くもって時間が足りない。ざっと読める小説ならまだしもまとまった時間をとって読みたい新書なども読まなくちゃいけないし、話題になってる映画は必須でそれに加え気になる小シアター系の映画も見なきゃいけないし、こうしてぐちゃぐちゃとブログを書かなきゃいけないし、展覧会を東京金沢福井長野そして名古屋に観に行かなきゃいけないし、いつもの古着屋をめぐってあとラシックで服を見なきゃいけないし、雑な恋の話やデザインのわるぐちを言いに飲みに行かなきゃいけないし、幸福で満ち足りたうきうきするデートをしなきゃいけないし、絵を描かなくちゃいけないし、新しい音楽を開拓しなきゃいけないし、忙しい、忙しい。あと60年しかない。日々本は出版されるし映画は上映され週初めにジャンプが店頭に並びTwitterは更新される。大変だ。鋭い嗅覚を持って生きるぞ。

 

 

797文字