読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/10

祖父が死んだことについて話して、牽制をしたつもりだったけれど効果なし。我が幼馴染は強い。彼女の、わがままで歯に衣着せず自分の話をするところが好きなのだけれど、この件についてはかなりストレスが溜まってしまった。わたしの思い出はきれいなままにしておいてほしい。

そんな状態だったので楽しい会合のはずが疲れてしまって、映画を観ながら寝ようと思っていたところにメッセージ。「今日の夜空いてない?」誰にも会いたくない今日はおばあちゃんとご飯が食べたい。今から寝たいし映画観たいし仕事の調べ物をしたい。その旨を正直に伝えて、そのあとでよければと言ったけれど、気を遣ってくれたのかまた今度ねと言ってくれた。寝てご飯を食べたら元気になってきて、ああやっぱり会えばよかったと後悔した。会って甘えればよかったこんなことがあってああ言われてと泣きつけばよかった。会社の後輩に人の死についての話で泣かれたことあんのかな。「なるべく近いうちに会いたい」と言われて嬉しくないわけがない。昨日も明日も会うじゃんか。今日会ったら13日連続で会うところだった。そう思いつつも「なるべく近いうちに!」と返信する。

 

 

493文字