2016/07/29

webってなんなんだろう、とぼんやりとした考えをぼんやりとした頭で毎日思っていて、でもその答えにたどり着けるような書物を探し出す気力とやる気もなく、またリクルートスーツを着ていた時の自分の嗅覚を否定するようで誰にも何にも言えなくて、わたしは何がしたいんだっけ・何をしている時が一番たのしかったんだっけ・どんな大人になりたいんだっけと、頭だけが疲れて体は全然疲れていない状態で地下鉄に揺られる。そんな毎日。多分大半の新入社員が今の頃同じことを考えているんだと思う。遅れてきた五月病みたいなもんだ。

あの時培ってきたものたちが、薄皮をはがすようにどんどん溢れ落ちていってしまう。割り切ってきたのは自分を否定されたくないから。毎日脳みそがしんでいく。

 

コーダーさんがお昼に連れ出してくれて、うっかりいろいろあってマジで恋なんじゃないかと思ったりもしたんだけれど、そんな浮かれた出来事もなくおなかとやる気がぐんぐん満たされていった。あと罪悪感もぐんぐん育ってしまって少しくるしい。右も左も上も下もわからない(本当のことを言うとわかる気もなかった)おどおどしているわたしに、指針をグサグサと立ててくれた。この人に認められたいと、思った。自分のために仕事をするということばかり考えてきた4ヶ月だったけれど、はじめてがんばる理由に他人を入れる。わたしに足りなかったのはその気持ちなのかもしれない。この人についていくぞと思わないと、やる気を出すことはわたしには難しかったらしい。わたしがいたかったのはここじゃないのかもしれないと思って立ったり座ったりしていた椅子だったのだけれど、たくさんのことを知りたいならwebやってみてもいいジャンッ。背もたれに体重をかけてみよう。「あと8ヶ月後、次の新卒が入ってまでに、この状況が何も変わってなかったら、その時は死のう、と。」(おやすみプンプンのオマージュなので死にません)

 

 

804文字